光脱毛は医療行為なの?

光脱毛は医療行為なの?

光脱毛は医療行為なので違法だとか、そういった話は後を絶ちません。脱毛という行為自体がギリギリのグレーゾーンではあり、法律の解釈の仕方による話になります。

 

そして現状の認識から言うと医療行為ではないと考えられています。医療行為に当たる脱毛技術は、機器自体が医療機器に属しているものを使いますし、その分高い効果も望めたり料金も高かったりします。

 

毛根に対して、毛が生えてこないような力を加える、という点ではどの脱毛技術もやろうとしていることは一緒なのかもしれませんが、医療行為として行えるのは当然医師免許を持っている医師のみとなりますし、逆にそれを持っていない者がその真似ごとをすると法律に抵触し逮捕に至ります。

 

実際に、そういった事情を知ってか知らずか、エステサロンが医療行為に属する規模の脱毛を行い摘発された、という事例もあります。

 

エステサロンは医療機関ではありませんので、医療行為は法的に行えません。(シェービングに関しても理容師免許がなければ、剃刀を用いたシェービングはできずエステサロンでは電気シェーバーによるソフトシェービングが多いのが実情です。)

 

また、医療行為に当たらない「光脱毛」をエステサロンで受けた場合でも、先述のような副作用が強く現れ肌にトラブルを受けたことで被害を訴える利用者も出ています。

 

「光脱毛」は新しい技術ですからメリットが多い反面、統計用のサンプルも少なく色々なことが保証されていませんし、医療保障も効きません。医療行為としての脱毛技術によって永久脱毛したい、ということであれば皮膚科・美容外科などへ診察・相談へ行くことをオススメします。

 

また、一部美容外科では、医療行為としてのレーザー脱毛など以外に、「光脱毛」も取り入れている場合があります。

 

エステサロンで「光脱毛」を受け、後になって医療機関で見てもらうよりは、始めから医療機関で施術を受け、いざというときもそこへかかりつけになるほうが安心でしょうから、エステサロンの中から探さずそういった美容外科を探すのもひとつの手段ですね。