プラズマ脱毛の特徴

プラズマ脱毛の特徴

プラズマ脱毛とはエステで行う光脱毛やフラッシュ脱毛、医療でのレーザー脱毛と比べると何が異なるのでしょうか?その違いをみてみましょう。

 

プラズマ脱毛とは主にエステで行われている脱毛方法です。医療用レーザーの光と比べ波長の長い、キセノンフラッシュという光を用いて行う脱毛方法です。キセノンというガスの放電で生まれる光を、特殊なフィルターに通すことで、毛根付近のメラニン色素に反応させ細胞を破壊します。

 

使用する光の根源が異なるだけで、今までエステサロンで行われているIPL脱毛やフラッシュ脱毛とは原理的には大差ありません。IPL脱毛と比べると若干ですが、エネルギー出力が弱いものが多いとも言われています。まだ歴史が浅く新しい技術になるので、その効果を立証するのは現在の時点では難しいともいえます。

プラズマ脱毛のデメリット

プラズマ脱毛のデメリットを先に説明しましょう。先にも述べたように、まだ技術が開発されてから歴史が浅く、横浜にもプラズマ脱毛を行っているサロンは少ないです。また永久脱毛の効果は立証できないというのがあげられます。

 

では、全く効果がないのか?というとそうではありません。もちろん人によっては脱毛の効果を実感されている方もいます。しかし毛質や体質によっては、また毛が生えてきたと思われる人もいるということです。

 

ですが、それはIPLやフラッシュというような光脱毛をおこなっているエステサロン全体にいえることです。これらも医療用のレーザーに比べると出力が弱いため確実ではないというだけなのです。

プラズマ脱毛のメリットは

というとプラズマ脱毛はやめたほうがいいのではないか?と思われますがもちろんメリットもあります。医療用のレーザーは出力が強いので肌が敏感な方、痛みに敏感な方は痛みも強く感じます。

 

プラズマ脱毛は光がマイルドなため、技術的にはあたたかい程度、肌を痛めることは少ないです。

 

また、ニードルや電気脱毛に比べると短時間、少ない回数で技術を受けることができます。照射部位の広い足や背中など、広い部分を行うのに負担がかからない技術ともいえます。